ビジョン

不動産及び金融の情報をデジタル化し、業界プレーヤーに開放することで健全な市場拡大を牽引する

~ 不動産金融業界のプラットフォームを目指して ~

従来、不動産は限られた業界プレイヤーと市場の中で取引された為、価格の妥当性を判断できない状況を生み出し不動産バブルが発生しました。またバブルの破たんは、社会的に大きな打撃を与える状況に繋がりました。

これらの反省と地に落ちた不動産取引を復活させる為に、2000年にSPC法の施行が行われ証券化が進み、投資家に対して情報を透明化するべき証券化不動産が急拡大しています。

しかし、この拡大はこれらを管理する業界プレイヤーの情報提供業務を肥大化させ、多くの問題点が顕在化しています。

一方で、投資家に対する情報提供の効率化や、より多くの整理された情報を提供する要求は増大し続けています。

また海外からの投資家の拡大によりトラックレコードなどのデータが要求されており、もはや適切な情報開示が出来なければ市場拡大が出来ない所まで来ています。

これら市場の問題や要求を解決する為には、金融、不動産の深い知識と情報を整理集約し、デジタル化、グローバル化してより使いやすい形で業界プレイヤーに開放することが出来るデジタル企業が必要と考えております。

我々はこれらの仕組み作り=「プラットフォームの構築」を通して市場の拡大、社会に貢献することを目標とします。